文字サイズ変更

TEL:026-247-2033 FAX: 026-247-4727
お問い合わせ
日本医療機能評価機構

関連リンク

小布施日和

TOP > チャプレンからのメッセージ >マタイによる福音書 第2章1から12節

チャプレンからのメッセージ

「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。『ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』
・・・(中略)・・・
彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げた。ところが「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの道へ帰って行った。」
マタイによる福音書 第2章1から12節

     
クリスマスを待つアドベント(降臨節、あるいは待降節とも呼ばれています)とは、クリスマス前の4つの日曜日の期間で、到来とか、降るという意味の言葉です。神が人としてこの世に生まれてくださった主イエスを待ち望む期間のことです。この期間は主イエスの降誕を迎える準備の時として、クリスマスリースを飾ったり、4本のローソクを灯すクランツを飾ったりします。

またクリスマスの飾りには星がよく使われます。よくクリスマスツリーの頂点に星を飾りますが、それは星の導きを受けて東の博士たちが救い主として生まれた幼子を拝みにやってきた聖書の話から来ているものです。(マタイによる福音書2章1節から)

それによるとこの博士たちは、この世の王として生まれた子はエルサレムに生まれるに違いないと信じて旅をしてきました。当時も今のエルサレムは大都市で、王が生まれるのふさわしいすべての中心地と考えられたのも無理はありません。しかし、人間の常識を頼りに旅をしてきた彼らが見たのは、救い主、この世の王が生まれたことを祝っていないどころか、誰も知りませんでした。 

ユダヤの学者たちに聞くと、ベツレヘムという所に新しい王の誕生するという予言があるということで、そこへ出かけました。ところがそこは荒れ果てた小さな寒村でした。

人の目からにみればそんなところに新しい王、救い主が生まれると言うことは考えられないことでした。でも東から来た博士たちは、そこに隠されている神様の導きの真理を見失いはしませんでした。寒くさびしい場所に生まれた幼子を見つけた彼らは、その光景に、彼らが出会った現実に挫折するのではなく、神が人のもっともみじめなところに来てくださったということを感謝しました。彼らは神の真理の前にひざまずいて祈ったのです。

新生病院
チャプレン(牧師)
司祭 箭野直路


クリスマスはこの世のもっとも悲惨な人々にこそ恵みがあたえられるということを教えてくれます。権力者や支配者、この世の経済や政治の中心にキリスト(救い主)が来るのではなく、多くの苦しむ人々の中に来られたのです。「仕えられるためではなく、仕えるため」、多くの人の身代わりとして自分の命を与えるためにキリストは生まれました。

祈り終わった彼らは、来たときの道とは別の道を帰ったと聖書にあります。
経済や権力の中心を目指す彼らではなく、神様によって与えられる新しい命に生きる道を歩み始めたのです。

イエスの誕生を迎える私たちもこのクリスマスを迎えながら、神様が呼びかける新しい命への道を歩くように、小さな命、悲しみや苦しみにある命に心を向けたいと思います。人の思いや願いが覆される現実にあきらめることなく、そこにみなさんを導く星の光が輝き、照らす神様の導きがあることをお祈りします。