文字サイズ変更

TEL:026-247-2033 FAX: 026-247-4727
お問い合わせ
日本医療機能評価機構

関連リンク

小布施日和

ページ内リンク

TOP > リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーション部は、入院患者さんと外来患者さんへのリハビリを行うメディカルリハビリテーション課と、訪問リハビリ・通所リハビリを中心とした在宅リハビリテーション課からなります。

リハビリの内容

全てのかかわりが、日常生活動作能力と生活の質の向上により、一人一人が住み慣れた地域で自分らしく暮らしたいという思いを支援するためのものです。地域で暮らすために生活を重視し、院内のほかの職種や地域のサービスと連携しています。

理学療法

主に運動・温熱・電気などの療法を行うことにより、疼痛の軽減や運動機能の改善を目指します。実際の場面での機能改善も図ります。

作業療法

主に作業や実際の場面を通じて、基本動作能力や精神・認知機能、応用動作能力、社会参加能力の改善を目指します。

言語聴覚療法

主に、直接的な訓練や、助言・援助により、コミュニケーションや嚥下の問題の解決・軽減を目指します。

その他、歩行器や杖・車いす、食器や道具、環境、食事の形態などに関する助言や、認知症の検査も行います。

在籍スタッフ

医師(部長)

理学療法士

作業療法士

言語聴覚士

介護福祉士(在宅リハビリテーション課)

看護師(在宅リハビリテーション課)

段階別のリハビリテーション

時期 主に関わるリハビリテーションの種類 内容
予防期 介護予防リハ(65歳以上の方) 要介護・要支援にならず、高齢になっても日常生活を送れるよう、一人一人にあった介護予防の運動を提供します。
急性期 一般病棟 手術の翌日や病気による安静時期を含め、早期に介入を開始します。状態に合わせてリハビリを実施し、摂食・嚥下機能の評価と訓練も行います。
回復期 回復期リハビリテーション病棟 急性期の治療がほぼ終わり、状態が安定した方に、在宅復帰を目指して集中的にリハビリを提供します。多職種協働により日常生活の中でも機能回復に取り組みます。
生活期 外来 個別のリハビリに加え、自主トレーニングや注意点などを助言し、お仕事や生活上の障害が軽減するよう支援します。
療養病棟 個別のリハビリだけでなく、日常生活場面での援助や提案を多職種で行い、可能な限り在宅復帰に向けた取り組みも行っています。
通所リハビリ(介護保険) 当事業所~ご自宅間送迎付きのリハビリサービスです。他者との交流を大切にしながら集団体操や個別リハビリを提供しています。
訪問リハビリ(医療保険・介護保険) 0歳~100歳超まで、全ての方を対象に、ご自宅でリハビリを提供しています。ご自宅での動作獲得や介護方法指導に力を入れています。
終末期 緩和ケア病棟 少しでも快適に過ごせるよう、心理的なサポートも含めて、可能な限り希望に沿った内容を実施しています。

メディカルリハビリテーション課

 
 

理念

共に励み、共に喜び、そして共に生きる

入院の方

リハビリの目標

話す、動く、移動する、道具を操作する、食べるという基本的な動作の改善だけでなく、ご本人やご家族の思いを尊重し、退院後の在宅や施設での生活を重視し、どのように生活するか、快適な生活を送るために何が必要かを検討し、多職種で連携して目標達成を目指します。

病棟ごとのリハビリの特徴

回復期リハビリテーション病棟

・主に脳血管疾患や大腿骨などの骨折の方に、一定の期間リハビリを提供します。
・在宅復帰を目指して、365日、1日1.5~3時間のリハビリを実施します。
・日常動作の中でも機能の向上を図ります。
・退院後の生活を見据え、日常生活機能の向上を目指します。
・移動や食事などに必要な道具の助言、食事内容や環境整備の助言も行います。

一般病棟

・主に手術前後や、内科疾患の急性期の方にリハビリを実施しています。
・早い時期になるべく多く実施できるよう、ベッドサイドから開始することもあります。

地域包括ケア病床

・在宅復帰を目標に、期間限定で、基本的には日曜日以外にリハビリを実施します。
・体調に合わせて、可能な限りリハビリを実施します。

療養型病棟

・個別のリハビリは他の病棟に比べると少なくなっています。
・多職種連携により、日常場面での機能維持・回復を重視しています。
・機能回復や 環境整備、在宅サービスとの連携により、在宅復帰の支援も行います。

緩和ケア病棟

・快適に過ごしたい、機能を維持したい、家に帰りたいというご希望を尊重します。
・食事動作を含めた動作練習、体を動かすこと、マッサージを行います。
・余暇の支援や生活上の提案も行います。

入院のリハビリの対象になる方

・脳血管疾患等の方(脳卒中、脊髄の疾患・外傷)や神経の疾患の方
・整形外科疾患の方(骨折や関節の疾患及び手術後、筋肉の疾患や手術後)
・廃用症候群の方(内科疾患の治療や手術の安静による機能低下)
・がんの方
・呼吸器疾患の方

外来の方

リハビリの目標

疼痛の軽減や関節の動く範囲の拡大、筋力の回復により、動くことが楽になり、日常生活上や仕事上の問題が軽減することを目指します。また、自宅でできる内容を助言し、自己管理についても支援します。長期にわたり、状態の評価と助言を行うこともあります。(先天性または幼少期からの身体障害の方中心)

対象疾患

・脳血管疾患等の方(脳卒中、脊髄の疾患・外傷)や神経の疾患
・整形外科疾患の方(肩・首・腰・股・膝等の痛み、筋肉や靭帯の疾患等)
・廃用症候群の方(体調不良による安静後の機能低下)
・呼吸器疾患の方
・先天性の疾患の方(脳性麻痺など)

外来受付時間・曜日

・月~金:8:45~17:15(受付は16:30まで)
・土:8:45~12:15(受付は11:30まで)
(予約で対応していますが、場合により初診当日の対応も可能です。)

リハビリテーション開始までの流れ

リハビリを続けたい

手足の動きが悪い、手足や腰が痛い

医師の診察

リハビリ実施提案

実施

在宅リハビリテーション課

 
 

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、リハビリの専門職がご家庭を訪問し、住み慣れた環境の中でリハビリを行います。通院等が困難な方や、生活場面で不安を感じている方に、ご自分で出来ることを増やし、家族、地域との関わりを多く持つことにより、生活範囲を広げ、その人らしい快適で豊かな生活を送れるよう支援します。


対象となる方

・在宅生活が不安
・痛みがひどくなっている
・通院が難しい
・筋力体力が低下している
・介護が不安・疲れている
・転びやすい
・したい事を諦めてしまっている
・飲み込みが悪い

と考えていらっしゃる方で、

・介護保険又は医療保険をご利用の方
・医師がリハビリテーションを必要と認めた方

訪問リハビリテーションの内容

【心身機能面】
・関節拘縮の予防
・褥瘡の予防
・筋力低下の予防・筋力増強
・体力低下の予防・体力増強
・自主トレーニングの指導
・精神面へのアプローチ

【日常生活】
・歩行訓練(屋内・屋外)
・基本動作練習(寝返り・起き上がり・座位等)
・入浴動作練習
・トイレ動作練習
・更衣練習
・家事動作練習

【家族支援】
・介助方法の検討、指導
・福祉用具、自助具の提案
・住宅改修の相談
・介護者の支援

活動・社会参加への取り組み

ご自宅にてやりたくても諦めてしまっていること、挑戦してみたいこと、困っていることについて、一緒に考え、一緒に取り組む活動を行っています。(温泉旅行、カラオケ、畑仕事、マレット等)

営業日・営業時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
土曜日 午前9時~正午12時
但し、事業所が指定する休日(年末年始等)を除く

訪問回数・時間とご利用料金

  介護保険ご利用の方 医療保険ご利用の方
訪問回数・訪問時間 ケアプランにそった回数・時間となります。 ご相談の上、回数・時間について決めさせていただきます。
ご利用料金 かかった費用の1割が自己負担となります。※所得に応じて2割負担の場合もございます。 かかった費用の1割~3割が自己負担となります。

訪問範囲

小布施町、須坂市、高山村、長野市、中野市、山ノ内町、飯綱町
※交通費は、営業範囲は無料。営業範囲を超える場合は、2㎞毎に片道250円で算定します。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションでは、利用時間に応じてコースを選ぶことが出来ます。

1日コース(6~8時間)

個別リハビリを実施しながら、しっかりとした生活リズムや生活動作の獲得を目指します。

通常半日コース(2~3時間)

社会交流を図りながら、個別リハ+生活動作+自主トレを提供します。

パワーリハ半日コース(2~3時間)

少人数制。マシンやレッドコードを利用して、活動範囲の拡大を目指します。

リハビリのみコース ※1 (1~2時間)

医療保険の外来リハビリが終了となった方へのフォローUP目的で、個別リハビリを実施します。
※1 送迎あり
曜日、時間は限定されますが、1~2時間のサービスでも、要支援1,2、要介護1の方で、小布施町内(全域)、須坂市内
(一部:現時点では「旭ヶ丘」、「日滝」の在住の方は、当事業所で送迎させていただきます。まずはご相談ください。)

1日利用のご案内

対象となる方

・要支援・要介護状態にある方
・医師がリハビリテーションを必要と認めた方

提供サービス・日課

8:30~

送迎 *送迎車病院発

9:30~

健康チェック *血圧・体温 等

個別リハビリ *理学療法・作業療法・言語療法

10:00~

集団リハビリ 集団体操 歌 等

12:00~

昼食・休憩

13:30~

個別リハビリ

作業活動等 *手工業を使用した趣味の訓練

15:15~

おやつ

15:45~

送迎 *送迎車病院発

ご利用について

利用日:月曜日~金曜日(国民の祝日を含みます)
※土曜日・日曜日・医療法人の休業日(年末年始等)は定休日となります。

利用時間:9時15分~15時45分

利用料金:介護保険ご利用の方は、かかった費用の1割が自己負担となりますが、所得に応じて2割を負担いただく場合もございます。
※ 基本料金以外に介護関連加算がかかる場合があります。
※ 食費(昼食代) 650円

持ち物
・お昼に飲む薬
・歯ブラシ
・連絡ノート
*ご家族との連絡ノートを用意いたします。家庭での様子、相談、苦情等、 当所との連絡に使用させていただきます。

営業範囲

小布施町・須坂市・高山村・中野市・長野市

介護サービス利用までの流れ

申請

市町村

認定調査(調査員が訪問)

かかりつけ医の意見書

介護認定審査会

介護判定(要介護・要支援の審査)

認定結果通知

介護サービスの選択
在宅サービス、施設入所

パワーリハ半日コース利用のご案内

対象となる方

・要支援・要介護状態にある方
・医師がリハビリテーションを必要と認めた方

提供サービス・日課

送 迎

健康チェック *血圧・体温 等

ストレッチ体操 個別運動プログラム作成(評価危機による測定)※初回のみ

筋肉トレーニングマシンによる運動
バランス能力取得運動 *集団体操・個別運動 自宅でできる個別自主トレーニング提案

送迎

ご利用について

利用日 月曜日~金曜日(国民の祝日を含みます)
※土曜日・日曜日・医療法人の休業日(年末年始等)は定休日となります。

利用時間
午前の部: 9時15分~11時30分
午後の部: 13時30分~15時45分
※午前の部か午後の部、いずれかを選択していただくことになります

利用料金 介護保険ご利用の方は、かかった費用の1割が自己負担となります。
※ 基本料金以外に介護関連加算がかかる場合があります。
※ 入浴・食事サービスは行っていません。

持ち物
・運動靴
・タオル、着替え
・飲料水

営業範囲

小布施町・須坂市・高山村・中野市・長野市

介護サービス利用までの流れ

申請

市町村

認定調査(調査員が訪問)

かかりつけ医の意見書

介護認定審査会

介護判定(要介護・要支援の審査)

認定結果通知

介護サービスの選択
在宅サービス、施設入所

お問い合わせ

特定医療法人 新生病院 通所リハビリテーション事業所 しんせい
電話:026-247-2033
FAX:026-247-4727
※その他ご不明点などございましたら、お気軽にお尋ねください。
※いつでも見学ができますのでご連絡ください。