close
閉じる
電話番号(代表)
Tel.026-247-2033

※時間外・休日の緊急受診も
こちらにご連絡ください。

当日受診のご相談
Tel.026-247-3099
外来予約
Tel.026-247-5517

法人概要

ご挨拶

渋澤 一郎
特定医療法人新生病院 理事長
渋澤 一郎

理事長挨拶

人々に信頼され、新しい生命を育むことのできる病院として

特定医療法人新生病院はその起源を1932年(昭和7年)に開所された「新生療養所(New Life Sanatorium)」にまでさかのぼります。新生療養所はカナダのキリスト教会である「カナダ聖公会」が設立した結核療養所です。

結核は当時、“不治の病(やまい)”と呼ばれ日本中に蔓延していました。日本で宣教していたカナダ聖公会の宣教師たちはこの問題を何とか解決したいと考え本国に支援を求め、療養所の開設に至ったのでした。病気の性格上なかなか候補地が決まりませんでしたが、当時の小布施村長の決断と村民の理解によってここ小布施の地に設立されたのでした。

初代の所長はR.K.スタート博士で、当時の最先端の医療で患者さんの診療にあたり、その結果、日本中から多くの結核患者さんが治療を受けるため来所しました。スタート所長の医療技術や人格に加えて看護師や職員の患者さんに対する姿勢も献身的であったことが、多くの来所者に繋がっていたのです。その姿は今日まで病院の精神的支柱として受け継がれています。

当初、結核療養所であった新生病院は戦中の困難を乗り越え、戦後も結核治療に専念してきましたが、結核の減少に伴い、一般病院として生まれ変わり今日に至っています。

現在は地域包括ケア病棟、療養病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟を擁し、また、訪問診療・リハビリテーションなども多くの皆様にご利用いただいており、地域密着型の中核病院としてその役割を担わせていただいております。

自然豊かで人情味に溢れたこの小布施の地において、かつて、新しい生命(いのち)の回復を願って命名された
「新生(New Life)」病院がこれからも質の高い、きめの細かい医療・看護・介護を実践し、人々に信頼され、新しい生命を育むことのできる病院としてその責務を果たしてまいります。

伊藤光子
特定医療法人新生病院 看護局長
伊藤光子

法人看護局長挨拶

地域から選ばれる病院となるために

新生病院は、在宅療養支援病院として、誰もが安心して暮らせる地域医療の環境を整備しながら、地域包括ケア病院としての役割である①ポストアキュート②サブアキュート③急性期補完機能を果たしていきます。

グループ法人であるパウル会と連携を図りながら、サブアキュートに力を注ぎ、在宅医療及びその支援の更なる強化(レスパイト入院の拡大)を行いグループ全体のベッド運営をしてまいります。

新生病院、パウル会両法人の人財確保や人事交流といった人財マネジメント・教育体制の強化など、職員一人ひとりのそして看護師、介護士全体の技術・知識の底上げを行うことにより向上が図れれば、個々のキャリアアップの実現と地域医療・介護の質を上げて行くことができると確信しています。

在宅医療の推進が求められている今、患者さんやご家族のニーズに応えるべく法人の枠を超えて柔軟に対応していかなければなりません。訪問診療といった在宅支援やご自宅での療養生活を支える訪問看護など、一人でも多くの必要としている方にサービスが届けられるよう地域の皆様の声に耳を傾けながら看護介護系の新規事業の推進にも努めてまいります。

新生病院の礎を築いた新生療養所創設時のミッション「全ての人々に仕える病院」「癒しと看とりの医療」を大切に受け継ぎ、そして新たな形で育みながら、地域の皆様にお役に立てるよう努めてまいります。

荒木庸輔
特定医療法人新生病院 事務局長
荒木庸輔

法人事務局長挨拶

在宅療養という選択肢のある地域社会をめざして

人口の高齢化や核家族化、社会状況の変化などによって、患者さんが必要としている支援はますます多様化・個別化しています。

複数の病気や障がいを抱える高齢者においては、必ずしも治癒ばかりが医療のゴールではなく、治療よりもむしろ、その患者さんが病気や障がいと付き合いながら、どうすればよりよく生きられるかといった、生活の質を重視した医療やケアが求められています。

さらに、身体的な課題から社会的、経済的な課題まで、高齢者が向き合わなければならない課題は多岐に渡ります。高齢単身世帯や高齢夫婦世帯の増加により、そうした方々の生活を支える介護状況もさまざまです。

当院では、こうした患者さんの多様な身体的、社会的ニーズに応えていくために、医師や看護師はもとより、薬剤師、リハビリ職、検査技師、管理栄養士、ソーシャルワーカー、事務職をも含めた多職種が、それぞれの専門性を持ちより協働して、一人ひとりの患者さんが必要とする医療やケアを提供してまいります。

生活の質を重視した医療やケアを行うために最適な環境は、その方が長年生活してきた住まいや地域にあるはずです。

私たちは外来や入院を待つだけでなく、私たちから自宅や施設へお伺いすることで、病気や障がいを抱えていても、患者さんが希望する場所で質の高い医療サービスが受けられる、在宅療養という選択肢のある地域社会の実現に貢献してまいります。

基本理念・方針

新生病院の基本理念

わたしたちはキリストの
愛と精神にもとづき
医療を通して
全ての人々に仕えます。
1

キリストの教えと行いに学び、「全人医療」を実践します

2

全ての人々に、人や人種による差別なく、小布施という「地域」の中から「世界中」の人々に。

3

キリストの精神である「仕える」ことによって「新たな生」が始まります。

新生病院の基本方針

1

命の尊厳

私たちは命の尊厳を大切にした医療に取り組みます。
2

連携

私たちは、小布施町を中心とした「地域」の中で、医療・福祉・保健・介護・行政を担う各機関との連携を通して、命の尊厳と質を患者さんとともに追求できる医療体制の構築に取り組みます。
3

人財の育成

私たちは、業務の遂行を通して、社会に貢献することを喜びとする人財の育成に努めます。
4

健全経営体質

私たちは、良質な医療を安定・継続して提供できるよう、健全な経営の構築に努めます。

法人概要

法人名 特定医療法人 新生病院
所在地 〒381-0295
長野県上高井郡小布施町851番地
電話番号 026-247-2033
FAX番号 026-247-4727
URL https://www.newlife.or.jp/
理事長 渋澤 一郎
副理事長 宮島 義人
常務理事 荒木 庸輔
理事・監事 理事・監事についてはこちらをご覧ください icon
評議員 評議員についてはこちらをご覧ください icon
創立年月日 1932年(昭和7年)10月18日
職員数 職員数についてはこちらをご覧ください icon
組織図 組織図はこちらをご覧ください。 icon
事業内容 病院

歴史・沿革

新生病院の歴史は、結核療養所としてスタートしました。結核治療から高齢者医療へ、そして現在の医療へと姿・形を変え、その時代時代の必要に応えています。

宗教法人日本聖公会中部教区の時代

1932年(昭和 7年) カナダ聖公会により、新生療養所(結核療養所)として創立(50床)
初代所長、R.K. スタート博士(10月18日が創立記念日)
1934年(昭和 9年) 15床増床(65床)新生礼拝堂建設
1935年(昭和10年) 20床増床(85床)
1940年(昭和15年) 戦時色強まり、カナダ人職員帰国。療養所経営も次第に困難になる
1945年(昭和20年) 太平洋戦争終戦
1948年(昭和23年) スタート博士再来日、所長に再就任(~1953年)
1962年(昭和37年) 長野に支所として「新生クリニック」を開設(~1973年)
1968年(昭和43年) 新生療養所を「新生病院」に改称。一般病院として再出発
1969年(昭和44年) 一般病床:63床 結核病床:55床 合計:118床に増床
1974年(昭和49年) 一般病床:94床 結核病床:23床 合計:117床に変更
1978年(昭和53年) 結核患者の入院停止。一般病床:117床に変更
1980年(昭和55年) 本館病棟落成。一般病床:16床増床(133床)
1981年(昭和56年) マーガレット女子寮(看護師寮)落成

医療法人新生病院の時代

1985年(昭和60年) 医療法人を設立し事業移管。新館病棟落成。一般病床:25床増床(158床)
1986年(昭和61年) ボランティア活動の促進。入浴サービスの実施
訪問看護開始
1987年(昭和62年) 遊歩道の整備及び環境整備行う。広報活動及び「病院だより」の発刊
1988年(昭和63年) 開業医とのオープンシステム化。デイホーム「さくらの園」開設。健康管理室の設置
院内保育所「すみれ保育所」開設(~1998年)
ターミナルケア学習会開始
ホスピス構想準備
1989年(平成元年) アジアより研修生受入開始(バングラデシュ、中国他)
1990年(平成 2年) 救急病院の指定を受ける
福利厚生施設、オープンスペース「メイプル」落成
1997年(平成 9年) 緩和ケア病棟竣工(10床)
1998年(平成10年) 療養型病床群開設に伴い7床減床(151床)
療養型病床群・緩和ケア病床認可

特定医療法人新生病院の時代

2003年(平成15年) 法人格を医療法人から特定医療法人に変更
2004年(平成16年) 亜急性期病室として6床設置。(4月)
病床数を4床増床(155床)
病院改築工事着工。新礼拝室竣工
2005年(平成17年) (財)日本医療機能評価機構より「認定医療機関」として認定(2月)
新給食棟竣工
旧給食棟・歯科口腔外科棟解体
緩和ケア病棟を2床増床(155床)(4月)
2006年(平成18年) 緩和ケア病棟を8床増床(155床)(1月)
亜急性期病床を2床増床(155床)(1月)
改築に伴い介護病床を2床減床(155床)(1月)
新生病院地域医療福祉センターを開設、法人の事業体を新生病院、健康管理センター、地域医療福祉センターに発展的分化
事務部を廃止し、3事業体に関わる法人事務局を開設
回復期リハビリテーション病棟40床を開床(6月)
増築棟竣工(7月)
訪問看護ステーションおぶせ開設(8月)
2010年(平成22年) オーダリングシステム稼働(9月)
2011年(平成23年) 「訪問看護ステーションおぶせ」を訪問看護ステーション希望(のぞみ)に改称し、中野市に「ほくしんサテライト」を開設(8月)
放射線画像診断システム(PACS)導入(9月)
院内保育施設「ミス・パウル保育園」開設(10月)
2013年(平成25年) 小布施町との協働による健康と交流によるまちづくり推進に関する協定を締結
X線骨密度測定装置(DEXA)導入(7月)
通所リハビリテーション・パワーリハビリ機器設置(9月)
2014年(平成26年) 小布施町民を対象とした運動機能の追跡調査「おぶせスタディ」開始(10月)
一般病棟に「地域包括ケア病床(6床)」開設(10月)
2015年(平成27年) 電子カルテシステム導入(9月)
「特定非営利活動法人(NPO法人)パウル会」設立にともない、「訪問看護ステーション希望」「居宅介護支援事業所かえで」をパウル会に移管(9月)
2016年(平成28年) 地域包括ケア病床を4床増床(155床)(11月)
2017年(平成29年) 地域包括ケア病床を10床増床(155床)(4月)
町宝「ミス・パウル記念館」移築(2018.3月)
2019年(令和元年) 特定非営利活動法人(NPO法人)ワンダイムと共同で病院東側庭園大規模整備(8月)
台風19号被害による近隣被災病院患者の受け入れ(10月)
地域包括ケア病床を18床に変更(2020.2月)
2020年(令和2年) ご寄附により患者搬送車(竹村号)を導入(5月)
初の試みとなるWEB新生病院祭の開催(10月)
2021年(令和3年) 新型コロナウイルス院内感染により、入・転院受入れ、外来診療、通所リハビリテーションのサービス提供休止(4月~5月)
地域包括ケア病棟を18床増床(155床)

病院年報

ご寄附について

1932年(昭和7年)、カナダ聖公会が日本の結核治療のため「新生療養所」をここ小布施の地に設立して以来約90年、特定医療法人新生病院はこの地域に根差した病院として使命を担わせていただいております。
一人ひとりが住み慣れた地域で安心して生活を送れるよう、「新生(New Life)」病院が提供できる機能を最大限活用し、利用してくださる方々のニーズに合った医療を提供できる病院として、これからもその責務を果たしてまいります。 いただいたご寄附は、「メイプル募金」として、皆さんの健康と生活を支えるために大切に活用させていただきます。

寄附金の使途

寄附金は、次の目的で活用させていただきます。

ご寄附の方法

特定医療法人新生病院内でお受け致しますのでお申し出ください。その際、「寄附金等申出書」をお渡しいたしますので必要事項のご記入をお願いいたします。
※寄附金等申出書はこちらからもダウンロードできます。

お問い合わせ

担当窓口:特定医療法人新生病院 法人事務局 経営管理部 財務・管財課
住所:〒381-0295 長野県上高井郡小布施町851番地
TEL:026-247-2033
FAX:026-247-4727
受付時間:月曜日~金曜日 8:30~17:30

page_top