職種・活躍の場所

セラピスト(理学療法士)

プロフィール

職種 理学療法士
入職 12年目
部署 リハビリテーション部 メディカルリハビリテーション課

仕事に対するモットー

『明るく楽しく前向きに』
患者さんと接しているときはいつもポジティブに。

主な業務

回復期リハビリテーション病棟・療養病棟課長として各病棟のリハビリテーション・病棟運営について病棟課長と協力して管理業務を行っています。また、病棟でのカンファレンスやスタッフのリハビリ場面に参加し後輩の指導も行っています。時には自らリハビリ業務を行います。

仕事のやりがい

回復期リハビリテーション病棟において、理学療法士としては患者さんと長い時間関わる中で小さな変化を見つけていけることだと思います。回復期リハビリテーション病棟は地域包括ケア病棟よりも長い入院期間となることが多く、その分たくさん患者さんと接することができます。その中で「以前よりも手足が動くようになってきた」「歩く距離が伸びた」などの変化を患者さんと喜びを共有しながら退院を目指していける事にやりがいを感じます。今は私自身患者さんを担当していませんが若いスタッフに患者さんの変化をやりがいに感じてもらえるよう関わっています。
 また、回復期リハビリテーション病棟は在宅復帰と並び多職種協働がキーワードとなっています。患者さんの在宅復帰を叶えるために医師や看護師、介護士、医療相談員など様々な職種が専門性を活かして関わります。カンファレンスを通して情報を共有し自宅退院ができたときは良い仕事だなと感じます。残念ながら重い障がいを負ってしまい在宅復帰ができるかどうかギリギリの状態で入院されてくる患者さんもいらっしゃいますが、そのような患者さんが在宅へ退院できてご家族から感謝の言葉を頂けた時はいちスタッフとして特にうれしく感じます。
 療養病棟においては、急性期病院や回復期リハビリテーション病棟で積極的なリハビリを終えて来る患者さんがほとんどで重症な事が多いです。その中でも長い時間をかけて安楽な入院生活を送れるようベッド環境を整えたり、車いすの調整を行うことにやりがいを感じます。また、サービスを整えて在宅復帰を目指していける患者さんもいらっしゃいます。そのような患者さんをご家族と一緒に安心して退院できる環境を作っていけることにもやりがいを感じます。

仕事への情熱

リハビリスタッフが新生病院グループの中心となって須高地域の方々に医療・介護を提供できるようになっていけると良いなと思います。
まずは関わっている回復期リハビリテーション病棟や療養病棟について病棟スタッフと一体となり、病棟運営を行っていけるようにしていきたいと考えます。今までも病棟への運営参加を意識してきましたが、リハビリ全体で病棟運営に参画し患者さんの生活により入り込んでいくことで患者さんの生活の質(QOL)を向上していきたいです。さらには病院運営にも関わっていく事で患者さん利用者様だけでなく地域の方々にもリハビリスタッフの魅力を伝えて還元していきたいと考えています。

あなたのエネルギーチャージ

数年ぶりに釣りを再開しました。休日には息子と一緒に釣りに出かけています。天気や気温などの環境に合わせて釣り具を変更して魚との駆け引きを楽しんでいます。

書類提出先・お問合わせ

〒381-0295 長野県上高井郡小布施町851番地
特定医療法人 新生病院 人財部 人事課 026-247-2033
エントリーフォームはこちら
page_top