職種・活躍の場所

看護師(認知症看護認定看護師)

プロフィール

職種 看護師
入職 9年目
部署 地域包括ケア病棟

仕事に対するモットー

入院は今までの生活から切り離された非日常です。
喪失体験をしやすいご高齢、認知症患者さんにとって辛いことの一つに「不安」や「孤独感」があると思います。病気になりたくてなる方はいないはずですよね。
「患者さんの気持ちに寄り添いたい」、「眉間に皺を寄せた状態ではなく笑顔で過ごしてもらいたい」との思いから、患者さんの前ではいつも笑顔と“ここに居ていいんだ”と思ってもらえるように安心できる言葉がけを心がけています。

主な業務

入院される患者さんは高齢で認知症を患っている方も多いです。具合悪い、環境の変化に戸惑う、苦痛や思いをうまく表現できにくくなることから、混乱や不安を招きやすい状態です。そうした状態をなるべく起こさないためにも療養環境の調整が重要になってきます。日々の患者さんとの関わりの中からどのような対応、ケアが必要かを考え、安心して治療や入院生活が送れるように関わっています。

仕事のやりがい

認知症になると、自分の思いや苦痛を相手にうまく言葉で伝えることが難しくなり、周りから見ると困った人と思われてしまうような行動をしてしまうことがあります。しかし、困っている…、どうにかしたい!と一番思っているのはご本人です。本人の困りごとに焦点を当て、“できないこと”ではなく、“できること”に着目すると今まで気付くことができなかった新たな一面が見れたり、本当の思いに気付くことができるんです。
強張った表情をしていた患者さんの表情が看護ケアによって和らぎ、穏やかに過ごされている姿を見ると嬉しくなります。
患者さんとのかかわりの中で生まれるとびっきりの「ありがとう」の言葉は、いつも私の原動力になっています。

仕事への情熱

「患者さんを尊重した看護を実践したい」、「患者さんの困っている気持ちをなんとかしたい」という認知症看護に興味を持つ仲間を増やし、この病院での認知症看護認定看護師としての業務を確立していきたいですね。

あなたのエネルギーチャージ

自分が見たことのない景色、やったことのない体験は本当にワクワクドキドキします。コロナ禍になる以前は、思いがけない連休があると友達と出かけたり、ふらーっと一人で旅に出たりしてました(笑)
あとは大好きなコーヒーとお酒を家でどうしたら美味しく飲めるのか、を日々工夫して楽しんだりしています。

書類提出先・お問合わせ

〒381-0295 長野県上高井郡小布施町851番地
特定医療法人 新生病院 人財部 人事課 026-247-2033
エントリーフォームはこちら
page_top