職種・活躍の場所

緩和ケア科医師

プロフィール

職種 医師
入職 8年目

仕事に対するモットー

すべての患者さまが、その人らしく生きられるように全力を尽くす  
緩和ケアにおいて、痛みを取るのはあくまで手段であり、本来の目的は患者さんが元気になってその人らしく生きられるように支えることだと思っています。

主な業務

当院の緩和ケア科では、外来通院や入院の患者さんのほか、在宅医療の患者さんにも広く緩和医療を提供しています。患者さんが抱える身体的諸症状はもちろん、気持ちのつらさや不安、そしてご家族のもつ不安や心配事なども対象とした緩和医療を目指しています。 さらに、消化器科・外科として、消化管内視鏡検査をはじめ、一次的外科診療(初療と一次的検査、適切な診療部門への紹介など)も行っています。

仕事のやりがい

治療が難しい状況でも、患者さんやご家族は何か「良くなる手立て」を求めているはずです。そのような先行きが見えず不安なときにこそ寄り添い役立てる医療が緩和ケアであるということにやりがいを感じています。加えて、必要な時に外科的処置を行うことができ、外科医として習得した知識・技能は緩和ケアでも大いに役立っていると実感しています。

仕事への情熱

ほとんどの方は緩和ケアを紹介されると医療に見放されたように感じてしまいますが、そこで私は、緩和ケアを受けて長生きしてほしいことを伝えるとともに、患者さんに安心して現状を前向きにとらえてもらえるよう、これまで長くがん診療に携わってきた経験をもとに、相手の気持ちに寄り添い、心の距離を縮めるよう努めています。また、今後は地域の皆さまに向けて、緩和ケアはがん治療と生活そのものを両立させ楽にするために、早めに受診するべき、という理解が進むよう情報発信に力を入れたいと考えています。

あなたのエネルギーチャージ

プライベートでは、学生時代から続けている剣道の修練をおこなっています。剣友会では子供たちの指導にも携わって、元気をもらっています。また、家庭では子どもたちと触れ合う時間を大切にしています。ワークライフバランスを整えることで、仕事も充実して長く続けていけると感じています。

書類提出先・お問合わせ

〒381-0295 長野県上高井郡小布施町851番地
特定医療法人 新生病院 人財部 人事課 026-247-2033
エントリーフォームはこちら
page_top