職種・活躍の場所

看護小規模多機能型居宅介護施設 セラピスト(言語聴覚士)

プロフィール

職種 言語聴覚士
入職年数 7年目
部署 看護小規模多機能型居宅介護施設『さくらの園』

仕事に対するモットー

私が仕事をする上で大切にしている事は「相手の話をよく聞く」事です。現職場への配属当初は、他職種の方が多い環境で戸惑う事もたくさんありました。自分の意見を周囲へ伝える事に苦手意識がある為、様々な立場の方の気持ちや発想に耳を傾けよく聞く事で、自分の考えもまとまり少しずつ意見を伝えることができるようになってきました。相手の思いや意図を知るという意味でもとても勉強になっています。

主な業務

主に、利用者様の嚥下機能評価・訓練、食事方法や食事形態・トロミの調整、口腔ケア、ご家族への食事介助指導・口腔ケア指導などを行っています。特に食事方法や形態の調整は安全にお食事をして頂く為の大切な業務の一つです。看護小規模多機能型居宅介護施設(以下:看多機)は日常的なケアにも携われ、在宅での様子も細かく把握しやすい環境です。他職種との情報共有を密に行いながら、利用者様が安心して在宅生活が送れるよう支援させて頂いています。

仕事のやりがい

看多機には様々な疾患により身体・認知機能が低下しながらも、医療と介護の支援を受け在宅生活を送られている利用者様が大勢いらっしゃいます。日々の関わりの中で見られる笑顔や生き生きと過ごされる姿には私自身も元気をいただいています。また、一つひとつのケアに対し感謝の言葉をいただくと「もっと頑張ろう」という気持ちになります。  

仕事への情熱

在宅での生活は不安になる事も多いと思うので、日頃から些細な変化にも気付けるように丁寧な観察とコミュニケーションを心掛けていきたいです。また、言語聴覚士としては「食べる事をいつまでも楽しめる」を目標に安全に食事がとれる支援を他職種の協力も得ながら続けていきたいと思います。

あなたのエネルギーチャージ

休日は買物をしたり、天候のよい季節は子供と一緒に公園に出かける事が多いです。緑や自然が豊かな場所で過ごす事はよい気分転換になります。最近子供が自転車に乗れるようになったので、運動不足解消のために私も一緒に乗りたいなと思っています。仕事と子育てに追われる日々ですが、自宅では温かい飲み物を飲みながら一息つく時間を大切にしています。

書類提出先・お問合わせ

〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施851番地の4
特定非営利活動法人パウル会 経営管理部 026-213-6654
エントリーフォームはこちら
page_top