特定医療法人 新生病院 〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施851 TEL:026-247-2033

TOP
外来担当表(PDF)

ヨハネによる福音書 20:19

>トップ >チャプレンからのメッセージ >ヨハネによる福音書 20:19

イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。
ヨハネによる福音書 20:19


     

 イエスさまのご復活をお祝いするイースターにあたり、 イエスさまの方から私たちのところに来てくださって、「あなたがたに平和がありますように」 と呼びかけて下さることを覚えたいと思います。弟子たちがイエス様を見て喜んだように、私たちも、イエス様の復活を喜びましょう。イースターという日はそういう日であるからです。神様は、どんな私たちであっても、私たちをいつくしんでくださいます。これ以上素晴らしいことはありません。それも、私たちの求めに応えて、あるいは、わたしたちの普段のよい働きに応えて、いつくしんでくださるというようなことではありません。すべての人に神の方から、無条件にいつくしんでくださいます。

 それぞれの人が心に鍵をかけ、心を閉ざし、疑ったり、迷っていたりしている、 そんな疑心暗鬼で弱い私たちでも、神様が一方的にいつくしみを示してくださいます。 もし天国があるならば、このようなときがまさに天国です。私たちが、 神様の深いいつくしみのうちにあって、そのことが私たちの腹におちた時、もうすでに、 そこで天国を生きているのです。イエス様の復活とはまさにそのことを示しています。
 イエス様が弟子たちのところへ「あなたがたに平和がありますように」 と呼びかけて来られたとき、聖書では、弟子たちが部屋に鍵をかけていたのに入って来られたとあります。 実は2回来ましたけども、2回とも鍵をかけていた部屋に入って来られました。 これは、私たちの心を示します。私もかつて「私なんかほっといてください。」 そんな思いで心に鍵をかけて閉じこもっていたこともあります。 ひとりぼっちで、時にはイエス様の悪口さえも言っていました。そんなときに、 イエス様が心の中にやって来て、「あなたたちに平和があるように。」というような言葉とともに、 「さあ、鍵を開けて出て行きなさい」と語られました。神様のいつくしみは、無条件で、一方的です。 人の心に、閉ざされた心に、必ずやって来きて、私たちを新たに生まれ(新生)させて下さいます。 イースターにあたり、イエス様からいただく新生を味わいたいと思います。

<新生礼拝堂牧師 司祭 ヨセフ石田雅嗣>


Copyright © Shinseibyouin All Rights Reserved.