文字サイズ変更

TEL:026-247-2033 FAX: 026-247-4727
お問い合わせ
日本医療機能評価機構

関連リンク

小布施日和

TOP > チャプレンからのメッセージ >ヨハネによる福音書12:24

チャプレンからのメッセージ

一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。
ヨハネによる福音書12:24

毎年5月1日午後2時に行われる「スタート博士記念式」
初代院長の働きを覚えるだけではなく、一緒に働いたスタッフや地域の人々の志を引き継ぎ、
次世代の人々へも続いて流れてほしい「愛の業、愛の精神」を分ち合う日です。
これからも毎年おこなわれますので、どなたのご参加も歓迎いたします。

20170705_a.jpg
20170705_b.jpg 20170705_c.jpg

1977年5月1日より、山彦会を中心に行われたスタート博士記念式は、山彦会と新生病院、新生礼拝堂の関係者に広がっています。今後は、カナダから日本へ、特に小布施へ種まかれた愛の働きを大切に思い、先人たちと今を繋げる日として記念したいです。 

山彦会:スタート博士との交流を通して心の支えを得た元患者と、ともに医療活動を通してその人格に敬愛の念を抱く元職員とで作る

スタート博士記念式
リチャード・ケンプ・スタート医学博士の略歴 (1900〜1977)
1932年9月、新生療養所(現在の新生病院)開設に伴い初代所長。
戦争中はカナダ宣教団と共に引き揚げ帰国
1948年8月再来日所長就任、復興の日々
1950年火災、援助金を集めるためカナダを往復1953年9月任期を終え、帰国。
帰国後は神学を学び、1964年聖公会聖職。
1959年日本聖公会100周年記念礼拝に出席し、1971年6月山彦会招待により2回目の来日、小布施3週間滞在。
1977年4月29日山彦会招待で3回目の来日。小布施に来られず、5月1日心筋梗塞のため急逝(享年76歳)。
1984年スタート夫人召天。遺骨は新生礼拝堂納骨堂のスタート先生の傍らに納骨。

20170705_d.jpg

スプリングコンサート 地域の人々でいっぱい
緩和ケア病棟に入院中の家族のためのコンサートを切っ掛けに20年続いているブーケ・デ・トン!